横環南公聴会参加・傍聴記

横環南公聴会口述・傍聴記

 1月31日(土) 横浜市戸塚公会堂で開催された首都圏中央連絡自動車道新設工事(高速横浜環状南線)並びにこれに伴う一般国道等工事に関わる公聴会に公述人の一人として参加するとともに、ほかの10人の方々の口述をお聞きした。私の口述内容を簡単に報告するとともに、印象に残った口述について記述しておきたい。
 なお、この公聴会は、地元住民の反対運動が根強く続けられる中、、国土交通省として土地収用手続きに入るために、法的に求められる公聴会です。この会で出された多様な意見、とりわけ、地元住民の切実な思いや、南線工事による住環境破壊、安全性への危惧、不法性の高い手続き等についての論理的な意見を真摯に受け止めることを強く求めたいと思います。

 一昨日に比して、首都圏は好天気になり、陽射しがまばゆいくらいです。会場になった戸塚公会堂のそばを柏尾川が流れています。 暫時の休憩時間に会場を抜け出し、河川敷を散策すると、なんと、大きな鯉が何匹も群れています。20年ほど前に放流したのが成長したのだそうです。鵜がいます。そばをJR東海道線が走り、その駅舎そばですからね。都会生活の中でのほっとできる空間造り、人々の涙ぐましい努力を感じますね。

 直下地震への備え、明確に応えられない起業者:東日本高速(NEXCO)。
 私の口述内容は先日のブログにも書きました。ダブるところもありますが、要は、進展する首都圏直下地震の科学的予測に対して、安全を確保するために、地震工学的な対応を危機意識を持って進めているかどうかですね。
 口述持ち時間は30分、起業者からの回答を引き出し、再質問する時間をとりたいとの思いから、極力、こちらの説明は要点のみを簡単にしました。
 使用した図を2枚再掲します。
  
 パシフィックコンサルタント(株)総合研究所:平成7年阪神大震災(兵庫県南部地震)被害調査報告書から1995年の兵庫県南部地震の際の阪神高速倒壊の様子です。

  阪神高速倒壊
これがどのくらいの地震動で発生したかですね。大西・山崎・田山・福田(1997)「高速道路における地震被害と地震動強さの関係」  第24回地震工学研究発表会講演論文集によると、
加速度と地震被害神戸 ここで  被災度というのは「道路震災対策便覧(震災復旧編)」の「橋梁・高架の耐荷力に関する被災度」に沿って As: 落橋  A: 大被害 B:  中被害  C: 小被害 に分類されています。このグラフを見れば、高速道の落橋や大被害は地震加速度500~700ガルで発生しています。
 こうした地震被災に対して、当然、重要構造物の耐震設計が見直され、様々な指標が改定されてきました。1995年の兵庫県南部地震が一つの契機であったでしょう。また、2004年の新潟中越地震ではトンネル被災が注目されました。さらに、2011年の東北地方太平洋沖地震。その都度、重要構造物に関わって、中央防災会議や国土交通省の建設基準が見直され、手直しされてきました。

 要は大震災を機に行われてきた建設基準見直しが、具体的に当該の高速道路建設計画にどのように反映されてきたのかが、全く明らかではないのです。反映して改訂してきた結果を出すようにと求めても、改訂された一般的基準の説明に終始し、当該建設計画における反映内容が出てきません。しかも、首都圏直下地震でどの程度の震度と加速度を推定しているのかさえ出てこないのには、正直驚きました。
 まだやっていないことは明らかです。「設計施工内容を説明する際には出します」って、これがない状態で住民に「安全」です、っていうその進め方って、ちょっと驚きました。 計画地域は全域、震度6弱から6強が襲う可能性があります。その震度のもとでは、加速度は1000ガルに達することも想定されます。いくらで設計するのでしょうか。

 工事費の大幅な増大。それでも、費用対効果、あるのか?
   最後に口述された岩倉正剛さんは、その口述の中で、私が指摘した設計のやり直しを含めて、工事費用の再見積が必要と指摘されました。

 当初の想定震度より、新たな想定震度が大きくなれば、工事費も大きく伸びます。そうした工事費と供用後の維持費など、総費用(現在でも4300億円と言われます)に対して、効果がどうなのか、、もう一度計算するべきでしょう。効果の方を過大に算定し、他方で工事費用を小さく見積もることが多いとしても、再見積は必要です。
 フィンランド・オルキルオト原発3号機の建設を進めているフランス、アレバ社が、厳しい基準に対応するために行う工事費用が、当初予想を大幅に上回るなか、その採算性が問題になっていますが、民間であれば、当然大変な問題です。しかし、日本では問題にならない。東日本高速(NEXCO)はいくらになろうと、その費用は国が税金から出すのですから。真剣さが伺えないのは当然ですかね。

 都市近郊の農と里山を守る宣言

  この日は私のほか10件の口述。いずれも長い年月の運動を反映して、びっくりするほど、鋭く、内容の豊かな口述でした。勿論、何らかの形で記録が保存されるべきですね。勿論、すべてが反対の立場での口述だけではありません。賛成論を述べる方もおられます。しかし、それらの口述は高速道に対する期待・希望の一般論でしかなく、具体的にこの南線でどういう事態・効果が予測されるのか、と言う点で不十分です。

 その中で特に私が感銘を受けた一つの「宣言」を紹介します。2003年に開催した「田谷の農業と里山を考えるシンポジウム」で採択されたものだそうです。都市近郊で農に従事し、里山を守ってこられた方々の思いが伝わりました。口述された田谷の加藤さんの許可を頂き、以下、転記します。


                            宣言

 私達は本日、「田谷の農業と里山を考えるシンポジウム」を開催しました。そして田谷の地が、豊かな大地や環境に恵まれて、多くの農産物を生産していることを改めて認識しました。
 思い起こせば、ここ田谷の地は,東海道線敷設計画、浄水場計画など農地や里山にしばしば開発の手がのびましたが、いずれも受け付けず、耕地整理、農業専用地区、農業構造改善事業等の実施へと向かい、土地への愛着と生産にかける強い意欲を示してきました。 
私達は、こうした先人達の足跡を大事に、都市近郊に残された四季折々に変化する豊かな自然と農地を大切にし、守り育てることを誓います。
 一方、後継者が安心して農業に従事し、子や孫達に引き継げるよう努力しているにもかかわらず、これを一方的に壊そうとする高速道路計画には、生活をかけて反対し、田、畑、山川草木に至る一切の破壊を認めません。
今後とも、私達は農業や豊かな環境をもとにした街づくりが全国各地に広がることを願い、生産者と消費者との連携を図りながら、子々孫々まで豊かな自然を守り、地域社会並びに近郊都市に新鮮で安全な作物の供給を続けることを宣言します。
                                            2003年(平成15年)4月27日
                                                参加者一同

  
スポンサーサイト

横浜環状南線の耐震安全性

 横浜南環状線の耐震安全性について
  この1月30/31日の両日、横浜市戸塚公会堂で、「一般国道468号線新設工事(高速道横浜環状南線・横浜市金沢区釜利谷JCTから戸塚区汲沢町)などの工事に関わる公聴会」が開かれる。
 筆者はこの工事に反対する地元住民団体の依頼もあり、その耐震安全性に関して公述人申請を行って、このほど、申請を認める連絡が国土交通省から来た。
 この問題は一度このブログでも取り上げた(2014年12月8日付)。
 ここでは、改めて、その耐震安全性に関わって、口述しようとする内容概要をメモっておきたい。

兵庫県南部地震での高速道被害
 あれから20年もたった。遅ればせながら震災一月後に現地に入ってその惨状に息をのんだことを思い出す。
a038.jpg
 高速道の被害についても,様々な映像が公表されてきたが、これは神戸市がこのほど公開した1000枚に上る阪神・淡路大震災「1.17の記録」 http://kobe117shinsai.jp/ (無料ダウンロード可能)の中の一葉。
 1989年 アメリカ西海岸で、サンアンドレアス断層の活動と考えられるロマ・プリータ地震(M6.9)が発生、高速道も含めて大きな被害が発生した。その時、日本の建築業界の一部では、「日本では高速道が倒壊するなんてことはありえない」との見解が出された。それから6年後の阪神高速道の被災。
 これは日本の習い性なのかな、他国での事故や災害に学ぼうとしない、自国の技術は世界一、っていう盲信。原発も同じだね。スリーマイル事故の後、IAEAのだした5層の深層防護の基準を日本の規制機関と電力事業者はかってにねじ曲げ、3層までで良いとしたあげくの福島原発の事故。

 進展する地震・津波に関する新たな予測と対策提案
 さて横環南線、横浜市の南部、鎌倉市との境に位置する栄区周辺の、今後30年間で震度6強以上の地震に見舞われる確率分布。昨年暮れ、地震調査研究推進本部は全国的な地震動の確率分布を更新し,2014年版を出した。横浜を含む首都圏は、相模湾で沈み込むフィリピン海プレートの上面が従来よりも浅いとする調査結果を踏まえて、M7クラスの地震の発生頻度や各地の震度などが見直されている。各地の確率分布図はJ-SHIS Map(防災科学研究所)で見ることができる。そうした最新の情報を踏まえながら、神奈川県や横浜市でも近年、防災、特に震災対策に力を入れている。
震度6強以上確率分布
 この図は震度6強以上の揺れに見舞われる確率を示している。図は見にくいが、下左に鎌倉市、左に戸塚、中央下に栄区の文字が見える。横環南線の「横」の文字のあたりがJR根岸線の本郷台駅。震度6弱以上にすると、ほとんどの地点が確率の最も高い赤紫(26%以上)に塗りつぶされるので、ここではあえて、震度6強以上の確率を示しました。オレンジ色は6~26%、黄土色は3-6%。

 この地域は震度6弱あるいは強の地震動がこの30年に見舞われる確率が高いと言えるでしょうね。
 
震度6地域の地震動加速度と道路被害について

 問題は、南線の工事計画に当たって、そうした地震動に襲われたときに備えた耐震設計が十分なされているかどうか、でしょう。
 下の図は気象庁のHPにある、震度と加速度の相関です。周期によってかなり異なることが分かりますが、周期0.1から0.2秒のところで、震度6強ともなれば、1000ガル以上の揺れとなることになりますね。
震度と加速度

実際に発生したいくつかの地震で震度6弱あるいは6強とされる地震での最大加速度を見てみます。
震度
  これは、前田宜浩・笹谷努、ほか(2005)による「2004年12月14日留萌支庁南部の地震(M6.1) 」という研究報告です。, Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers (http://hdl.handle.net/2115/14374)で詳しく見ることができます。

 さらに、兵庫県南部地震の際の最大加速度と被災度の関係を示した研究報告(大西・山崎・田山・福田(1997)「高速道路における地震被害と地震動強さの関係」、 第24回地震工学研究発表会講演論文集)です。
  被災度というのは次の指標です。道路震災対策便覧 (震災復旧編)橋梁・高架の耐荷力に関する被災度: As: 落橋、 A: 大被害、 B:  中被害、 C: 小被害。

加速度と地震被害神戸

  高速道路建設において、こうした近年の調査/研究成果を反映し、その教訓を生かした耐震設計が生かされているかどうかが問われます。
  国土交通省における事業評価監視委員会での審議を見る限り、こうした最近の調査研究成果を加味して、十分な審議が行われているかどうかはなはだ疑問に思うのです。
 勿論、国土交通省は,日本の省庁の中でも、最も多くの技術系職員を抱えるところです。プロとしての技術者倫理に沿って,その安全性確保のために業務を進めている方も多いとは思いますが、果たしてどこまで、真剣に対応しているか、見えないのが現実です。

  最後に、米サンフランシスコでは八九年のロマプリータ地震後、高架道路は再建されず、街は海を背にした景観を取り戻しました。市民が再建案を「不要」としたからだそうです。新しく開発され、その環境の良さに惹かれて安住の地として選ばれた栄区の方々が、引き続き、安心して暮らせる環境を守るために,私は、こうした高速道路網建設は再検討する時期に来ていると思います。公共の名の下に、計り知れない犠牲を住民に押しつけることは許されないでしょう。
プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR