スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州電力川内原発に近接して活断層?

川内原発に近接して活断層?
  九電・規制委の厳密な調査を求めます



 2月9日、 鹿児島県薩摩川内市の文化ホールで、川内原発の再稼働に反対する学習会と会の総会のあと、地元の方たちと入来町の炭焼き小屋(地元の方がそう読んでいる)で楽しい懇親の場を過ごした翌10日午前中、地元の活断層研究グループの方々に案内されて、原発周辺の地層や断層を見学。
 私自身はこの川内には3度目かな。その都度、1日地元の方たちとフィールドワークをしてきました。2年前には藺牟田火山や周辺の火砕流、その時は「死都日本」が発刊され、火山学の分野の専門家からも本格的な巨大噴火の切迫性が取りざたされている時期でもあったので、それとの関わりで,案内して頂いた。当時はまだ、研究グル-プという形ではなかったのですが、昨年訪れて、第四紀地質を志す新たなリーダも得られたので,是非グループで活動したらどうか、という提案が受け入れられて、その後、調査をされたり、解説本を出されたりしている。

 今回は、九電が風車(今の所、2基だがゆくゆくは14基とのこと)の建造のために道路を拡幅して、新しい露頭が続いているので、それを見ようということで案内頂いた。
  道路は図にみられる旧道を拡幅したものだが、露出する岩石は北側が秩父層群に属する砂岩と泥岩の互層と、その南の北薩古期および中期火山岩類。
  古生代から中生代にかけて、当時の海溝で堆積したとされる秩父層群には古い時代にできた断層が頻繁にみられますが全体としては南に急傾斜した地層です。ところが、そういう地層中に、細い筋状のものが走っていて、断層ではないだろうかと言うわけです。場所はグーグルの映像に書き入れました。断層の走向傾斜も書き入れてありますが、北東ー南西方向にのびるほぼ垂直の断層というわけです。

 
google川内

 その断層ではないかというものを見ると、露頭の下から上までほぼまっすぐに走る、幅20cmないし30cmの破砕帯を伴う紛れもない断層。しかも、その中心部分には軟らかく、指でこねることのできる断層粘土ができています。その断層粘土の軟らかさから、比較的新しく活動したものと推定されます。残念ながら、この露頭では上位に新期の地層が重なっていないので、断層の活動年代を推定する唯一の根拠は断層粘土の柔らかさです。粘土鉱物の化学分析からも推定できるかも知れません。こういう性状を持った断層は少なくとも3本、近接して観察されます。
 この断層中粘度中には白く変質したような粘土も筋状にあるので、更に検討が必要です。下に露頭の写真を示します。


DSCF1403.jpg

  さて、この活断層の可能性の高い断層露頭は、衛星写真上で、原子炉からの距離が740m。

  下に3葉の航空写真(国土交通省の国土情報ウェブマッピングシステムから)を示します。興味があれば是非見てください。1949年撮影のものです。当然、まだ原発はありません。
  断層はその走向からして、敷地に延びます。この航空写真、よく見ると、敷地中央にほぼ東西に走る活断層らしき地形や、先ほどの断層の北東への延長部の谷や南西方の地形も気になります。私自身は航空写真で活断層を判定する力量はありませんので、ぜひ、その分野の方々の協力を仰ぎたいですね。

   
cku-74-16_c1a_1 (2) cku-74-16_c1a_2 (2) cku-74-16_c1a_3 (2)

  地元の方たちには、断層の観察・記載と断層粘土の試料採取をお願いしてきました。

  活動年代がまだはっきりはしません、しかし、12~13万年前以降に動いた活断層の可能性が極めて高いと思います。九電・規制委へ、より詳細な調査を求めたいと思います。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/15 09:05)

薩摩川内市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なぜたかが電気のために命がけでくらさなきゃいけないの?
電気なんて太陽からのエネルギーで十分たります。
取り返しのつかない選択はやめて下さい。

No title

2010年玄海原発事故時に311の時の東京を上回る放射能を九州から奈良県で観測!!

水素文明の奇跡を起こす男ゼロのブログより
九州〜関西の高レベル放射線 玄海原発事故 今後の展開 - 流水 ...
jyoudou.net › 流水成道blog
2010/12/15 - 玄海原発と黄砂とどちらが原因かは、岩瀬さんのおっしゃるように何年かすれば分かります。玄海原発のある佐賀県と他の都道府県で、白血病などのガンや甲状腺障害の発生率を調べてみて、多ければ玄海原発が原因です。 どちらにしろ、 ...
【緊急速報】九州から関西にかけて高レベル放射線を測定【G ...
jyoudou.net › 流水成道blog
2010/12/11 - 九州電力は9日、佐賀県玄海町で運転中の玄海原子力発電所3号機(加圧水型軽水炉、出力118万キロ・ワット)で、1次冷却水のヨウ素濃度がこれまでの平均値の2倍に上昇したと発表した。 燃料棒に微小な穴が生じ放射性物質が漏れ出た ...
プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。