柏崎刈羽原発、東電による追加調査(1)

東電、柏崎刈羽原発周辺の断層に関する追加調査ー進行状況(1)-


  4月20日付ブログで紹介した、柏崎刈羽原発の追加調査について、私たち研究グループがもっとも大きな問題として1月14日、規制委員会に調査解析を申し入れた刈羽村寺尾の断層露頭について、現状を簡単に報告しておきます。ここでは断層が地殻変動に伴う活断層ではなく、地すべりだとする東電の見解が問題になっていました。

 地元刈羽村の武本さんが、朝早く現地におもむき、貴重な写真で進行状況を報告頂いています。この月曜日、断層の調査を続けているグループで集まり、若干の検討を加えました。まだ、データが十分だとは言えないので、引き続き、検討することになっています。

 1993年当時の論文で、砂採取場で寺尾断層とした断層は、今では直接観察はできません。現状復帰ということで、段差を無くし、松などを植えつけていたからです。改めて、調査することとなって、大規模な伐採とはぎ取りがまず行われました。そのはぎ取り面のスケッチをした上で、どこにトレンチを掘るか、を決めます。3月から始まった調査ですが、ようやく、トレンチを掘る場所が確定したようで、トレンチを掘るための取り付け道路工事が終わったようです。まもなく、トレンチ掘削が始まるでしょう。年内に観察・記載が終わるかどうか、解析結果が報告されるのはどう見ても、来年春でしょう。

 安田層を切る活断層

 はぎ取りで現れた活断層です。これはかっての寺尾断層そのものとは異なります。
犬走り断層3

 左手のやや硬そうな岩石(砂岩層)は椎谷層と呼ばれるおよそ500万年前に海底で堆積した地層です。ここではその上を、右手に見られる、数cm大の角張った泥岩や砂岩礫からなる安田層が不整合で覆っています。安田層はおよそ40万年前から10万年前に浅い海から川で堆積した地層です。
 二つの地層の間に、明らかに直線的に伸びる断層があります。この写真では、断層を斜め上から見ていることになります。
犬走り断層2

  その断層の性状をさらに詳しく観察するために、掘り下げて、断面を観察したところです。
  断層を介して、右側のブロックが落ち込んでいることが分かります。

犬走断層1

  溝を掘って、反対側の断面を見たところです。
  
  角張った礫をたくさん含んだ地層は安田層ですから、この断層は明らかに安田層堆積後に活動した活断層だということになります。しかし、東電はこれは12万年前以降活動していないので、活断層ではないと主張するでしょう。この露頭の上部には安田層の泥岩中に、団子状に火山灰層が点々と含まれています。さらにその上には番神砂層と呼ばれるおよそ10万年前から5万年前の地層が重なっています。断層の連続性を追って、これらの地層との関係を検討する必要があります。仮に、これらの地層を切っていても、東電は、この断層は地すべり性だと主張するでしょうね。同じような性状を持っていた寺尾断層を地すべりだと主張してきたのですから。
 大飯原発敷地内断層で地すべり説を論じた、岡田篤正氏や千木良雅弘氏らに言わせれば、これも地すべりだと言うのでしょうね。聞いてみたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR