スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発1号機原子炉建屋4階の調査について

福島第一原子力発電所1号機原子炉建屋4階の調査について

  2015年2月21日、新潟県に原子力発電所の安全管理に関する技術委員会委員5名が、福島原発事故の検証の一環として、東京電力の案内で、1号機原子炉建屋の4階での現地調査・観察を行いました。委員として福島第一原発を訪れるのは二回目。前回は免震棟と一~4号機周辺、それと5号機の中でしたが、今回は委員のお一人田中三彦さんの強い要望で、1号機の4階、ということになりました。実現の運びになったのは、県の原子力安全対策課と東京電力の間の粘り強い話し合い・調整があったからです。特に東京電力には調査実現に向け、事前の下調べも含めて、多大な労力と時間をかけました。なにせ、原子炉建屋の中は、全体としてまだ高線量、場所によると200だとか、300mSv/h のポイントがまだらにありますし、がれき撤去もできていません。足場が悪く、水も抜けきっていないところもあります。案内する側として大変な気苦労だったろうと思います。なお、調査に際しては、余分な物は一切持たない、その代わり、線量計測と、写真・ビデオについては同行する東電社員の方で可能な限り応じる、と言うことでした。いくつかの写真は調査後、提供された物です。
 各自線量計を身につけていますが、8mSvになったら、調査を終え、退出、と言うことにしました。私の線量計はトータル7.84、高い人は8を超えていたようです。

 写真の左,黄色いヘルメット姿が私です。
IMG_9448.jpg

 とりあえず、写真のみ、掲載しておきます。文章は少しずつ,手を入れます。ご容赦を。
 22日の新潟日報にも掲載されていた写真です。
 オレンジ色がIC(非常用復水器)本体です。南側から臨んでいます。
IMG_9496.jpg

 この本体の近影。
IMG_9509.jpg
 白くはがれ落ちているのはすべて保温材。

 このIC本体の北側とその周辺保温材の損傷はより軽微です。
 しかし、北側にはぐにゃりと曲がった鉄筋を何本も含むコンクリートがれきが大量にあります。その周辺では80mSv/hが観測されました。

 問題になっていたのが、SLC(ホウ酸水注入)系の状況。この周辺はこれまで未調査。この間、この付近が着火点という調査報告書について、線量がさほどでなければ、見てみたいがという要望が委員から出され、調査しようと言うことで、東電は事前に周辺の線量を測定しつつ、初めてこの機器周辺を見た由です。政府事故調ではこの周辺が水素爆発の着火点としていますが、この周辺はほとんど損傷がありません。ただ、ダクトは破損し,垂れ下がっています。
 IMG_9478.jpg

 終了後の講評/記者会見では、委員こもごも、得られた資料(映像や写真)等の総合的解釈が必要と発言されていましたが、その通りだと思います。委員の間での意見交換/討論も必要です。
  ただ、講評の中で、見たくても見れなかった、明かりが足りない,との意見がありました。それは国会事故調が、地震発生当時、4階で作業していた協力企業社員数人が目撃していた出水について、規制委員会の事故分析検討会の中間報告で出水箇所とされている場の確認ができなかったからです。
 目撃した社員の出水目撃箇所に関する規制委資料(中間報告書)の写真。
出水箇所1
 
その付近の設備の説明図です。
出水箇所拡大3
 規制委事故分析委員会は、「IC系ベント配管や、電線管、ダクトなどは水が通る可能性がなく、水が通る可能性のあるドレンライン⑨や溢水防止チャンバーからのドレンライン⑱は、現地調査で配管損傷や破断等は確認されなかったことから、出水箇所となる可能性のある設備は『溢水防止チャンバ』のみと判断し、出水は使用済み燃料プールのスロッシングで溢水防止チャンバに流れ込んだ水が、溢水防止チチャンバのパネル結合部の隙間から漏れた可能性」を指摘している。

 で、この場所を拡大したのが次の規制委事故分析中間報告の写真。
4階出水破断1
 ここで問題になるのは、白く見える①IC系ベント配管を右に追って、数字の⑤から⑥の下に見られる亀裂。規制委事故分析検討委ではこの写真を見ながら、この亀裂のように見えるものを何ら検討していませんが、田中さんに言わせると,これは単なる光の加減でそう見えるだけなのか、それとも、配管に亀裂が走っているのではないのか。そして、この亀裂は、IC系配管が地震によって損傷した可能性を示しているので、ここを検証したかった。この写真はかなり明るいが、今回の調査ではこれほどの明かりはなかったのではないか、と主張されているのです。
 確かにこの拡大写真では、亀裂のように見えます。爆風でできた傷には見えないですね。規制委員会の事故分析委員会は現調で、周辺の配管等に損傷や破断はないと言っていますが、これは現物を見て検証したわけではないと思われます。ここは天井に近く配管等が張り巡らされた箇所で、近づいて、観察したり、手に触ってみることは不可能です。写真で判断するしかないと思います。水が通っていない配管から出水はしないでしょうから、出水のメカニズムは別にして、これが亀裂だとすれば、地震によって配管等が損傷した可能性を示す物として大きな問題ですね。

  大物搬入高のふたの問題も含めて今少し検討が必要です。(未完)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。