スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏崎刈羽原発と東電救済策

 経産省が12月9日に開催した第6回「東電改革・1F問題委員会」。ここで経産省は福島第一原発の賠償・除染、廃炉と汚染水対策の総費用を三年前の見積もりの倍、21兆5000億とした。その費用、とりわけ、賠償費用を今後何10年にもわたって電気料金として国民にも負担させる等々、この委員会の目的はまさに、「原発という安い電力で恩恵を受けた国民」の負担で「東電を救済」する道筋作りと言える。
 そして、この「改革」なるものの柱が、東電柏崎刈羽原発の再稼働。東電への不信払拭のために、国が前面に出るとともに、「先進的」な同業者との連携、共同企業体によって再稼働を進める、と謳う。知事選において示された県民の意思や思いに逆行する、柏崎刈羽原発再稼働ありきの東電救済策の問題をみんなで考えたい。

東電1号機 

 提言原案骨子案http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/touden_1f/pdf/006_01_00.pdf)
に示された「II.福島への責任、国民への還元を目指した非連続の経営改革の姿」の「1.再編、統合に向けた共同事業体の設立」で、次のように謳う。
   5)柏崎刈羽原子力発電所は重要課題。

      自主的バックフィットに対する躊躇

      メルトダウン隠蔽問題を生みだした体質の根本的治癒

      地元本位の事業体制

      安全優先の組織文化

      規制要求を越える自立対応理念

      先進的な他電力の協力も躊躇無く要請

      他の原子力事業者を越える改革

 

新潟県の「原発の安全管理に関する技術委員会」での議論も踏まえつつ、これらの項を見るとき、私は少なくとも次の3つの点を、県民が共有してほしい課題だと感じています。

   

まず、安全優先の組織文化

はじめに再稼働ありき、そのための組織再編、というこの改革案の流れ自体が「原発」の危険性を後方に追いやる発想です。安全優先というならば、安全、すなわち、県民の命と暮らしが守れるかどうかが問われるのであり、県民の安心のためには何が重要かを示すべきです。少なくとも、「新しい規制基準は世界一」といううたい文句を撤回し、福島原発事故の教訓をくみ尽くす姿勢が見えない限り、安全優先とは言えません。


 次に、隠蔽体質

隠蔽は東電だけではありません。ムラぐるみの隠蔽体質こそが問われています。

 メルトダウンという技術的用語について、原発関連事業者はもちろん、規制機関を含む政府も、そして研究者も、メルトダウンの定義・判断基準が存在することを知らなかった、という言い訳はあり得ません。受け取れば、直ちに避難命令を発しなければならない「15条通報」の項目には「炉心溶融=メルトダウン」が存在します。この用語の定義存在を5年間隠してきたのは、官邸、経産省も含む、ムラです。東電が隠蔽と言わざるをえないとしたこのことについて、政府・経産省、そして、ほかの電力事業者は自らの組織的対応の過ちを一切不問にしています。安全文化、隠蔽体質について語る資格を有しません。


 3つめ、先進的他電力の協力を要請。

 ここに言う先進とは何か。九電、関電、四電を言うのか、そこでどのように地元同意を取り付けたかを学ぶべし、協力を仰げ、という提起は、「本末転倒」。それとも、東電が無視し、対策を怠った津波の試算結果について、対応していた東北電力を先進としているのだろうか。東北電力管内に立地する柏崎刈羽原発の再稼働に東電と共同で当たれ、という「国策」?

 連携して別会社を作るが、その儲けは東電救済に回す、って、資本主義における民間企業のありようとは考えられない発想ですね。


 「国が前面に出る」とはこういう国民負担による東電救済策を国民に押しつけることなのでしょうかね。

 まだ、思いつきにすぎない。しかし、黙っていると、原発を進め、そこから多大な密を得てきたムラの権力の意向の元で、私たちの負担と危険性が増大する事態を看過できません。旺盛で闊達な議論をお願いしたいですね。

 なお、参考までに、この問題に関しては、全体として、東洋経済online原発処理21.5兆円、東電支援策は不安だらけ(http://toyokeizai.net/articles/-/149084)がおすすめ。

 また、この項を考える機会を与えていただいた、新潟日報東京支社の記者の方に御礼申し上げます。日報では、丹念な取材を踏まえて、関連した記事作りを進めているとのことです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。