スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏崎地域の地殻変動

「地震予知総合研究振興会」なんて聴いたことがない人が多いと思う。でも、この振興会は、中越沖地震後、新潟の原発が再稼働するにあたって、県からの要望もあって,引き続き新知見を収集するために、東電が第三者機関に依頼するとしたその第三者機関。柏崎だけでなく,各地の原発の敷地周辺の地殻変動を調査・研究を引き受けたところでもある。そこから出された、タイトルにあるように、柏崎周辺の地殻変動をまとめたのがこの報告。
地震予知001

 第三者、というし、それなりの研究者が入っているので、ちょっとは期待したが、東電の地殻変動に係わる見解を補足しただけ。地質科学的に,地表付近に見られる褶曲構造の成長時期から、その領域の変動時期を推定する手法。結果的に原発敷地周辺の変動が最も古く、変動の中心が陸域では東へ、海域では西へ時代とともに移動した、というもの。すなわち、原発サイトでは最近の地殻変動はないとする東電の意見の補足。
 何が問題か、これでは、中越沖地震で発生した変動、すなわち、敷地周辺とその東方で,彼らのいう古い褶曲構造と調和的に隆起運動があったこと、また、地震活動は地表の領域区分とは異なり、既に運動が終了したと考えられる領域の地下深部で発生していること,などがまったく考慮されていない。科学的装いをまとった、稚拙な報告でしかない。仲間内でしか議論しないからこうなるのだね。まったく、変わらない体質。
  まあ、電力がスポンサーになっている組織だから、無理のない報告か。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。