スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『渡されたバトン~さよなら原発~」に学びあう県民の集い

11月16日、新潟で、池田博穂映画監督、笹口孝明元巻町長をお招きしての学習会の案内です。柏崎刈羽原発再稼働が山場を迎えつつある今、是非、大勢の方のご参加で、成功させたいと思います。

1116001.jpg

以下に,私のレジメを貼り付けます。

『原発はいらない、原発再稼働阻止を』
立石雅昭(新潟大学名誉教授)



1. はじめに-福島原発事故の今と巻原発反対の運動
 1-1. 福島県9月1日現在 
   地震・津波による死者      1599人
   原発事故関連死         1459人
     半年前に比べ 144人増  圧倒的に65歳以上
  1-2.福島県の人口動態  
   何が読み取れるか  家族の絆の崩壊
  1-3.健康被害  
すでに顕在化してきた子ども達の甲状腺癌、多発する心臓疾患、増加する異常出産。

2.柏崎刈羽原発の危険性
  2-1.耐震設計の基礎となる基準地震動(2300ガル)の過小評価
    この大きな数値自体が、立地周辺は大きな地震に襲われる場であることを示す。
    しかも、それがなお、震源断層の長さを過小に評価したものである。
  2-2. 敷地内外の活断層の無視
    敷地内23本の断層は少なくとも30万年前以降に活動した活断層。
東電は12~13万年以降活動していない ので今後動かないと主張。
立地する西山丘陵と柏崎平野の境界に想定される真殿坂断層も無視し、その活動年代を明らかにしようとはしない。
  2-3. 住民被ばくは避けられるか
  1)杜撰な放射能拡散予測:昨年10月の規制委による拡散予測
     精度が低いと自ら認めながら、その後何ら改善しないまま。
     柏崎刈羽原発波世界一の集中立地、事故が起こった際の拡散範囲も当然広い。
     にもかかわらず、防災・避難計画策定範囲は他の原発と同じ。
  (1)PAZの範囲のめやすは、概ね 5km~8km
  (2) UPZの範囲のめやすは、概ね 30km
  (3) PPZの範囲の参考値は、概ね 50km   
   2)原子力災害対策本部の機能と役割がまったく改善されていない
     誰がどういう時期に避難を決定するのか?
どのように住民に通報・周知するのか?
     オフサイトセンターはどうするのか?
     これらについて何ら改善しないまま、規制基準に沿った適合審査とは何か?  
再稼働のための審査としか言えないではないか。

3.柏崎刈羽原発再稼働を止めるために
柏崎刈羽原発は世界最大の集中立地、過酷事故は起こりうるし、過酷事故が発生した際、住民の被ばくは避けられない。
「福島の今」がここ新潟に再現される。

「巻原発」「柏崎刈羽原発プルサーマル導入」を住民投票で止めてきたこの新潟で、子ども達の命を守るために、故郷を守るために、私たちは行動しなければ。

                            以上。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。