柏崎刈羽原発の耐震安全性-寺尾断層

柏崎刈羽原子力発電所の耐震安全性-寺尾断層
   規制委員会の厳正な調査・審査を求める


3月17日,規制庁審査チームが柏崎刈羽原発の敷地内及び敷地周辺の断層を現地調査ましした.それに先立つ2月27日,審査チームによるヒアリングで,東京電力は昨年3月以来進めてきた敷地内外の地質の追加調査の結果が一部を除き,ほぼまとまったとと言うことで,その報告を提出しましたが,今回の現地調査はその報告を受けて石渡明規制委員ほかの審査チームメンバーが露頭などを観察したものです.
現地調査の様子はメディアにも公開されました.本来であれば,問題点を指摘してきた我々研究グループや住民団体にも公開してしかるべきだと思うのですがね.
 今日,この件に関して,テレビ新潟の記者とカメラマンが自宅にインタビューに見えました.
 30日には,私達活断層研究グループが,大学で会合を持ち,改めてみんなで議論して,東京電力の解釈の問題や,今後の対応を検討しますが,テレビ局としてはそれも取材した上で,4月1日に報道したいとのことです.

  これまでもこのブログで,東京電力が刈羽村寺尾で進めてきた崖のはぎ取り調査中の露頭観察について報告しました.その際撮影した写真の一枚を示します.この写真の中央を右から左に走るのが東京電力が今回 A断層(私達が1992年,論文として公表した際のA 断層)の続きとしたものです.
IMG_1099.jpg
断層の上位はすべて,中位段丘堆積物である安田層で,黒く見えるのは泥炭層です.断層の下側は茶色の椎谷層(およそ500万年前後の地層)と,中央左の安田層中の泥層です.もう一つこの写真で重要な点は,この右の矢印の高さは36.3mと言うことです.

 今の時点で私が東京電力によるこの寺尾での断層の解釈について,問題だと思っているのは,次の4点です.

 1. 今回,東京電力が寺尾西の旧土砂採集場で掘り出したA断層は,1992年,荒浜団研が報告した断層とは異なるものです.
    → 東電資料の断層の分布図をチェックすれば分かります.私達荒浜砂丘団体研究グループの第1トレンチ南面では,A断層の最も高いところで,38.32m,走向10°Eで70度西傾斜です.この断層は南に行くと走向45°W,南西傾斜と, かなりカーブしますが,その段切りでは,36mより下で沈み込みます.また,この南西部の露頭位置ではA断層は安田層の中を切断しています.これは私達の92~93年頃の測量図やスケッチ,あるいは東電の93年の測量図でも明らかです.
  荒浜団研資料_1  
  赤い矢印で高さや断層のカーブを書き込みました.

 東京電力によると,この断層がさらに南に行くと,今回のはぎ取り面での断層につながると主張しています.次の図の左上の断層のトレースに示されています.
 東電はぎ取り

  この新しく掘り出された断層の最北部は,最初の写真で示した36.30mの高さにあります.そこでは断層の走向と傾斜は,30°E,56°Wです.また,ここでは基盤である椎谷層と安田層の間を切っています.西に傾斜する断層ですから,例え,走向がかなり曲がりくねっても,こういう風に現れるのは無理です.それは当初,私が,今回の新しい露頭を見たときから感じたことです.「同じ断層ではない」.これはある意味,1990年代前半に,現地で観察・記載していない人たちが担当している東京電力とそのコンサルタントでは抱きようがない感覚なのかも知れません.

   2.西に向かって,すなわち,山側(高い方)に滑るという地すべりにとってもっとも説明不能な問題は全く解決していません.

  東電は2月27日,現在の地形解析から周辺地域には多くの地すべり地形が存在する,と言う資料を出しましたが,この現世の地形を援用しても,寺尾の断層は全く説明できません.この点は2月27日のヒアリングでも,石渡委員の方から,指摘されました.一方で,東電は,地すべりが生じたときの地形は現在とは異なると言っておきながら,現地形解析を資料
として出すのですから,首尾一貫した首長となっておらず,また,科学的手法としては間違っています.
  当時の地形の推定図こそ出すべきです.

   3.地すべり地塊のモデルを示すべき.
 東電は今回,改めて断層面に見られる条線の解析を行い,左横ずれ断層成分の卓越する断層だとしています.条線の方向は,先の図にあります.これを見ると,確かに第1トレンチ周辺では,南への条線が卓越しています.しかし,条線の記述を見ると,北と南ではかなり,鉛直方向になっています.横ずれが卓越すると言えるのかどうか,はなはだ疑問です.また,この断層が左横ずれ成分の卓越する断層だとして,地すべり地塊のどこを見ていると言う解釈なのでしょうか.これも,地すべり地塊全体の復元図の中で位置づけるべきです.
地すべりモデル
 
  4.地すべりの主体は硬い椎谷層?表層すべりではなく,深層すべりの地すべり?

  3とも関わりますが,表層の数多く走る西傾斜の断層は,東電によるとボーリングで見いだされた椎谷層中に走るほぼ水平な層面滑り断層に収束するとしています.東西方向にほぼ水平(ただし,東西方向に配列したボーリングですので,その断層面は南北どちらかに傾斜しているとするのでしょう.椎谷層自体は南に10°以上傾斜しています) な地すべり断層(もとは椎谷層中の古い断層?)まで,この地すべり地塊は比較的硬い椎谷層中を中心に地すべりが発生したことになります.表層部の軟らかい地層が主として滑るのではなく,椎谷層で滑ったことになります.地すべり発生機構が理解できないと思います.
  この断面図で赤で書かれた断層が下位の方で収れんしているように書かれているのは全くの創作です.ボーリング4本で何が確認できるのでしょうか.そこの深さに断層面があると言うだけで,カーズするとか,収れんするというのは全くの証拠のないものです.

断層対比

  30日,研究グループで再度検討した上で,規制委員会に対して,厳正な調査・審査を再度申し入れたいと思います.

 




 

原発の耐震安全性-中越沖地震の教訓は生かされているか(1)

原発の耐震安全性-中越沖地震の教訓は生かされているか(1)

  原子力規制委員会は鹿児島県の九州電力川内原発に続いて、福井県の関西電力高浜原発が、1昨年7月に施行した「規制基準」に適合しているとの判断を示した。国民過半数の願いに反して、政府/電力事業者が原発再稼働の動きを加速している中、2007年の中越沖地震で新潟県の東京電力柏崎刈羽原発が被災した教訓を改めて共有しなければならない。先般、昨年の福井地裁による大飯原発運転差し止め判決に対する控訴審での関西電力の地裁判決への反論を読ませていただいたが、その内容は1995年の兵庫県南部地震以降地震学が長足の進歩を遂げ、地震の発震機構や、地下地質構造に関わる地震波の伝搬・増幅機構が良く理解できるようになったことから、それらの成果を取り入れた原発は、耐震安全性が十分確保されている、というものであった。まさに安全神話そのものである。原発を扱う事業者や規制機関がこのような立場にあるとすると、再び福島が再来することは目に見えている。

 特に、その関西電力の反論は中越沖地震による柏崎刈羽原発の被災の教訓を無視していることから、ここでは2回に分けて、原発の耐震安全性を脅かす地震動に関わって未解明の問題を明らかにしておきたい。
  
  柏崎刈羽原発を襲った上下動

 下の図表は、中越沖地震後に東京電力が公表した1~7号機の各原子炉建屋基礎版での地震計記録である。
  基礎版での地震動の大きさ
  この記録をもとに、東京電力や原子力安全基盤機構は、その東西方向の水平動に注目して、1~4号機側は、5~7号機側に比して、有為に大きいとし、その要因解析を進めた。その解析結果の問題は次回に取り上げる。
 今回は、その上下動の問題を検討する。
 なお、この問題について、私は、新潟県の「原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」のもとに設置された「地震,地質・地盤に関する小委員会」の第20回会合(平成21年7月24日)で、資料(http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/tateishi.pdf)を提出し、問題提起をしたが、議事録を見れば分かるように、満足のいく回答はなされていない。この問題は、以前から電力事業者の耐震安全設計に関わって分析を進め、問題を提起されてこられた東井怜さんの分析結果に基づいている。

 従来の耐震設計では、上下動地震動は十分に考慮されず、基準地震動を策定する際には、水平方向の1/2といった漠としたものであった。しかし、中越沖地震による地震動はこうした設定が誤りであることを明確に示している。
 さらに、水平動では1.5倍近い揺れを示した(とされる)1~4号機側が、上下動では逆に5~7号機側より揺れが小さかった。なぜ、こうしたことが起こるのか、解明されたとは言えない。

 ところが、東電によると、この原子炉建屋基礎版での観測値をもとに推定された、深さ約150~300 mの解放基盤面での揺れ(これをはぎ取り波と呼んでいる:次の表や図では推定波とされている)をみると、地震動の大きさが逆転する。解放基盤での推定値は、ほかの号機では基礎版観測値より大きくなるにもかかわらず、基礎版で最大の上下動を示した6号機だけは小さくなり、全体として、5~7号機側が1~4号機側より小さくなるのである。
 1~4号機側と5~7号機側では、その解放基盤の深さが違う。1~4号機側は総じて深く,およそ290m、一方、5~7号機側は浅いが、6号/7号は同じ167m。やや時代の古い硬い地層が浅いところにあると言うことになる。しかし、6/7号機は同じ傾向になるはず。

 次の表とそれをグラフ化した図は、新しい基準地震動Ssを算定した際の上下動の値である。修正前とあるのは、基準地震動Ssを算定するに当たって、当敷地に最も大きな影響を及ぼすと考えられた海底下のF-B断層の長さを修正する前の上下動推定値、修正後というのは、その断層の長さを,安全保安院の合同ワーキングなどでの指摘を受け、長くした場合の値である。表で分かるように、この修正後の、1~5号機の値は東電の報告書では示されていない。
 
上下動比較表

上下動比較

  これらの数値をつぶさに眺めると、操作が行われていることは明らかである。

  要するに、地震の上下動と地下地質との関係はほとんど解明されてないままであるし、また、原発への影響も明らかにされているとは言えない。
  なお、ここで、建屋基礎版で最大の上下動を記録した6号機が、7号機とともに、再稼働申請されていることを付言しておく。

柏崎刈羽原発東電の敷地周辺地質調査について(1)

柏崎刈羽原発、東電の敷地周辺地質調査について(1)

 原子力規制委員会の審査会合での指示を踏まえ、東京電力は、再稼働に向け、敷地並びに敷地周辺の地質調査を昨年3月以来続けてきた。全体の調査結果の報告にはまだしばらく時間がかかるであろうが、その報告の一部がすでに規制庁の審査ヒアリングで行われている。
 その報告の一部である、敷地東方の長峰背斜と高町背斜の活動性を検証する調査報告は、余りに恣意的であり、地質科学的に見て到底納得のいく解釈ではないので、柏崎刈羽原発活断層研究グループとして、規制委員会に厳正に審査するよう申し入れたい。

 問題になる、調査報告の一部。
 敷地の東方、西山丘陵と柏崎平野との境界に平行して背斜構造があり、その構造がいつ頃成長したものかが問われている。成長運動が現在まで続いているとすると、断層関連褶曲として,その断層活動も活断層の可能性が考えられるとして、詳細な報告が求められたものであろう。
  調査の一部は図に示す刈羽村五日市の丘陵で行われた。赤い実線は反射法地震探査測線で、赤丸はボーリング地点。
位置図 

ここが問題にされた理由の一つが、2007年の中越沖地震によって原発が被災したあと、周辺の地質も改めて調査した際に得られた下記の地震探査結果とその解釈断面に認められた断層。勿論、東電は,この断層は前期更新世の堆積物である灰爪層の下部は切っているが、若い上位の地層は切っていないので活断層ではないとしていた。
旧探査断面
  2007年中越沖地震後の反射法地震探査断面
旧解釈断面
  上の探査断面に対する,東電の層序解釈断面

 ただし、この時の探査は丘陵の南に沿って走る道路と田んぼの縁に沿って行われた。今回(昨年)は、丘陵上で行われている。その反射法地震探査断面と解釈断面は次のようなものである。
 新探査断面
  2014年に丘陵上で行われた反射法地震探査断面
新解釈断面
  丘陵上で行われた地震探査結果とボーリング掘削試料の解析結果を統合して得られた丘陵地下地質に関する解釈

 ボーリング結果を軸にして描いた地下地質断面は下図のようにされた。層序断面

 旧測線と新測線はたかだか150m~200mしか離れていない。勿論、断層が同じ規模で続くとは言えない。しかし、旧探査断面で見られる100m以上に達する落差を持つ断層が、200m離れると無くなり、奇妙な不整合?になっているという解釈。これはちょっとあり得ない地質構造だと思うのだが、いかがだろう。探査断面からは断層を読み取るのが至極当然に見えるのだが。東電は三次元的な解釈を示して説明するべきだろう。

 また、旧解釈断面と比べると、丘陵部にだけ、新しい時代の地層がたまっている。本来、丘陵を構成する地層が広く堆積し、氷河時代に海面が低下したときに川によって大きく削られ、その後、後氷期になって海面が上昇するにつれ、その谷を沖積層が埋める。それが平野。そうすると、古い解釈断面が違うのか、なんだか、東電の解釈は地層の形成とか、地質構造形成過程とかを無視して、無理矢理、断層を消そうとしているとしか見えないのだが。

 いずれにしても、早急に規制委への厳正な審査の申し入れ書原案を作成し、活断層研究グループの会合で検討してもらおう。2月から3月にはまた次の成果報告が出てくるだろうから。
 

 






柏崎刈羽原発、東電による追加調査(1)

東電、柏崎刈羽原発周辺の断層に関する追加調査ー進行状況(1)-


  4月20日付ブログで紹介した、柏崎刈羽原発の追加調査について、私たち研究グループがもっとも大きな問題として1月14日、規制委員会に調査解析を申し入れた刈羽村寺尾の断層露頭について、現状を簡単に報告しておきます。ここでは断層が地殻変動に伴う活断層ではなく、地すべりだとする東電の見解が問題になっていました。

 地元刈羽村の武本さんが、朝早く現地におもむき、貴重な写真で進行状況を報告頂いています。この月曜日、断層の調査を続けているグループで集まり、若干の検討を加えました。まだ、データが十分だとは言えないので、引き続き、検討することになっています。

 1993年当時の論文で、砂採取場で寺尾断層とした断層は、今では直接観察はできません。現状復帰ということで、段差を無くし、松などを植えつけていたからです。改めて、調査することとなって、大規模な伐採とはぎ取りがまず行われました。そのはぎ取り面のスケッチをした上で、どこにトレンチを掘るか、を決めます。3月から始まった調査ですが、ようやく、トレンチを掘る場所が確定したようで、トレンチを掘るための取り付け道路工事が終わったようです。まもなく、トレンチ掘削が始まるでしょう。年内に観察・記載が終わるかどうか、解析結果が報告されるのはどう見ても、来年春でしょう。

 安田層を切る活断層

 はぎ取りで現れた活断層です。これはかっての寺尾断層そのものとは異なります。
犬走り断層3

 左手のやや硬そうな岩石(砂岩層)は椎谷層と呼ばれるおよそ500万年前に海底で堆積した地層です。ここではその上を、右手に見られる、数cm大の角張った泥岩や砂岩礫からなる安田層が不整合で覆っています。安田層はおよそ40万年前から10万年前に浅い海から川で堆積した地層です。
 二つの地層の間に、明らかに直線的に伸びる断層があります。この写真では、断層を斜め上から見ていることになります。
犬走り断層2

  その断層の性状をさらに詳しく観察するために、掘り下げて、断面を観察したところです。
  断層を介して、右側のブロックが落ち込んでいることが分かります。

犬走断層1

  溝を掘って、反対側の断面を見たところです。
  
  角張った礫をたくさん含んだ地層は安田層ですから、この断層は明らかに安田層堆積後に活動した活断層だということになります。しかし、東電はこれは12万年前以降活動していないので、活断層ではないと主張するでしょう。この露頭の上部には安田層の泥岩中に、団子状に火山灰層が点々と含まれています。さらにその上には番神砂層と呼ばれるおよそ10万年前から5万年前の地層が重なっています。断層の連続性を追って、これらの地層との関係を検討する必要があります。仮に、これらの地層を切っていても、東電は、この断層は地すべり性だと主張するでしょうね。同じような性状を持っていた寺尾断層を地すべりだと主張してきたのですから。
 大飯原発敷地内断層で地すべり説を論じた、岡田篤正氏や千木良雅弘氏らに言わせれば、これも地すべりだと言うのでしょうね。聞いてみたいものです。

柏崎刈羽原発、敷地内外の断層の追加調査について

東京電力による柏崎刈羽原発の断層に関する追加調査
 ー地元研究グループの調査を反映・今後の注視が必要ー

 柏崎刈羽原発の再稼働を経営上の重要な戦略とする東京電力は、現在、原子力規制庁審査チームの指摘を受け、柏崎刈羽原発の敷地およびその周辺の断層について追加調査を進めています。この追加調査の内容は、柏崎刈羽原発の安全性に係わって、地元の研究グループや住民団体が長年にわたって解明を求めてきた諸点を含んでいます。ここでは、原発の危険に反対する取組として、柏崎刈羽原発についての断層調査に基づく運動を紹介し、各地での具体的な原発の危険に反対する取組を呼びかけます。

  注:この文章は原発問題住民運動全国連絡センター「げんぱつ」の4月25日号掲載予定のものですが、掲載されるものは編集の都合上、若干変わります。また、東電による下記掲載の図は誌面の都合上、掲載されていません。

追加調査計画 
青い楕円の範囲が敷地で、その調査計画は左上の表や図の左の表に書き込まれている。また、緑の円①が、刈羽村寺尾周辺の断層や褶曲の活動性を検証する調査地点。赤い円②が、真殿坂断層に関連した調査計画地点。

  
 規制委の指摘に基づく追加調査
 東京電力は昨年9月27日、原子力規制委員会に対して、柏崎刈羽原子力発電所の6・7号炉について新規制基準への適合性審査を申請しました。この申請に対して、規制委は11月28日、「申請内容に係わる主要な論点」として、地盤・地震関係9項目、津波関係1項目、プラント関係17項目を示し、今後特に詳細な説明を求めるとしました。この規制委の指摘に対して、東京電力は1月22日の事業者ヒアリングや1月24日の規制庁審査会合において、「敷地近傍および敷地の追加調査計画」を提出しました。そして、島崎邦彦規制委員を始めとする規制庁審査チームによる2月17日・18日の現地調査での「追加調査計画は概ね妥当」とする判断を受け、東京電力は現在、敷地内外で縦坑やボーリング掘削、トレンチ掘削などの追加調査を進めているのです。

 研究グループの長年の取組を反映
 規制庁審査チームが求めた追加調査は敷地近傍の断層や褶曲の活動性をあらためて評価することを目的としたものですが、この追加調査には重要な特徴があります。それは、ほかの原発に比して、柏崎刈羽原発では敷地内だけでなく、敷地外の断層の調査も求め、その調査計画についても審査チームが現地で確認したことです。再稼働に向けた東京電力や規制委の動きを受け、柏崎刈羽原発活断層問題研究会(代表:大野隆一郎)は、1月15日、原子力規制委員会に対して柏崎刈羽原子力発電所の敷地および周辺の断層について厳正な科学的審査を求める要請書(注:本ブログ内別記事に要請文や記者会見の模様あり)を送付するとともに、県庁で記者会見を行いました。この要請は、地元の研究団体である荒浜砂丘団体研究グループが1993年に学術誌に報告・記載した,敷地北東方600mの刈羽村寺尾の活断層など、原発敷地周辺の断層に関して、厳正な科学的審査を求めたものです。規制庁審査チームが、刈羽村寺尾の断層や、敷地の立地する丘陵と東の平野との境界部に想定される真殿坂断層などの追加調査が必要と判断したのは、この研究グループが地元住民団体と共同して長年にわたり敷地周辺の科学的調査を行い、原発の安全性に係わる問題点を指摘してきたからに他なりません。

断層の過小評価を続けた電力と国
 荒浜砂丘団体研究グループが1993年に報告した寺尾断層について、資源エネルギー庁は東京電力の調査報告を一方的に援用して、1994年、これを地すべりとする報告を出しました。更に中越沖地震後、荒浜砂丘団体研究グループが刈羽村西元寺で掘削したボーリングが立証した真殿坂断層の後期更新世における活動性に関しても、東京電力は地すべりとしました。追加調査は研究グループが指摘してきたこれらの断層の活動性についてあらためて調査を命じたということです。
 追加調査は敷地内とは別に、敷地近傍で5地点、おのおの10箇所ほどの群列ボーリングを行い、さらに刈羽村寺尾地点ではトレンチ掘削と群列ボーリングを行います。
 掘削したボーリング試料の分析や解析、掘削トレンチの壁面の観察・記載と解析、それらをもとにしたとりまとめには少なくとも半年以上はかかります。調査報告を受けた審査は現地調査を含めて2~3ヶ月は要するでしょう。勿論、問題とされる断層などについて追加調査を求めたからといって、東京電力による調査結果が科学的に厳密に審査される保障はありません。当然、東京電力の調査報告や規制庁審査チームの審査を引き続き注視しなければなりません。


 安倍自公政権は、規制委が新規制基準に適合していると判断した原発は再稼働させる、としている今、私たちはそれぞれの原発が抱える具体的な危険性について分析・解析し、再稼働を阻止する運動を住民、国民と共同して広げなければなりません。 
    立石雅昭 原発問題住民運動全国連絡センター代表委員

プロフィール

立石雅昭

Author:立石雅昭
立石雅昭のブログへようこそ!
 福島原発の事故直後に新潟大学を退職。地質学を専門としています。それまでも原発の地盤問題に携わってきましたが、福島原発の事故はあらためてその恐ろしさを認識させてくれました。原発ゼロの運動を広げるために、新潟を中心に活動していますが、twitterやfacebookで書ききれない情報や思いを伝えられればとの思いからブログを始めました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR